fbpx

社長ブログblog

2024.05.09

冬でも快適な湿度を保つ方法!

本日2024年5月9日晴れ
前回の夏の湿度に続けて冬の湿度についてです。

冬の寒さが厳しくなると、室内の暖房による乾燥が進み、空気がカラカラになることがあります。
冬の快適な湿度は30%~50%と言われていますが、高気密高断熱の新築住宅では、湿度の管理が一層重要です。

新築住宅の計画段階から考慮すべき点と、住み始めた後の湿度管理の方法を考えたいと思います。

※湿度のお話になると相対湿度で見るのが良いのか絶対湿度で見るのが良いのか議論が出てきますが、室内温度を抜きに議論するのは間違いなので要注意です!


とにかく湿度は難しい!
※野池政広先生談!

1. 設計段階での湿度管理のポイント

通気性の確保

新築住宅を建てる際、通気性を高める設計を心がけましょう。適切な通気は、湿気の滞留を防ぎ、結露のリスクを低減します。特に、屋根裏や基礎部分の通気口の設計は重要です。

断熱と気密性

断熱性が高い家は暖かく保つことができますが、気密性が高くすることで室内の保温性能は向上しますが、エアコン暖房を稼働させることで湿度は乾燥傾向になります。

2. 建材の選択

湿度調整機能を持つ建材

珪藻土や木質系の内装材など、湿度調整機能を持つ建材を選ぶことで、室内の湿度を自然に調整することが可能です。

これらの材料は、湿度が高い時には水分を吸収し、低い時には放出する性質があります。

しかし、実際数値として調湿しているのかは使用材料の数量により異なるようです。

3. 生活での工夫

加湿器の使用

加湿器は、冬場の乾燥対策に非常に効果的です。

特にヒーターやエアコンを使用する家庭では、加湿器で積極的に湿度を調整することをお勧めしたいのですが、加湿器内の掃除などをこまめに行う事が重要です。
掃除を怠ると内部でカビが発生する等、逆に悪影響となる事があります。

室内植物の配置

室内植物は、自然な湿度源としても機能します。特にシダ類やスパティフィラムなど、水分を多く蒸散する植物を選ぶと良いでしょう。

洗濯物の室内干し

一番身近で湿度調整で簡易的で有効なのは洗濯物の室内干しです。
特にバスタオルなどの面積が広いものが有効です。

定期的な換気

一日に数回、短時間の換気を行うことで、新鮮な空気を取り入れつつ、湿度のバランスを取ることができます。寒い時期でも、少なくとも朝晩の換気は欠かさないようにしましょう。
この換気に於いて第一種24時間換気がお勧めです。

第一種換気は機械を空気が通る時に室外と室内の温度の熱交換をし、室内温度に近づけた温度の空気を室内に取込み、同じく湿度もある程度調整してくれます。

室内温度に近づけてくれることで流入する空気が熱い、冷たいなどを感じることは極端に少なくなります。

↓全館空調勉強会の時の写真(床下で勉強会!W)

まとめると!

新築住宅では、建て方から日常生活に至るまで、湿度管理に配慮することで快適な

冬の生活を実現することができます。新築の段階で適切な設計を行い、生活の中で湿度を適切にコントロールすることが、健康で心地よい家づくりには欠かせません。

これらのポイントを抑えることで、乾燥が厳しい季節も家族全員が快適に過ごせるでしょう。

湿度管理は単に快適さを保つだけでなく、家の耐久性や健康にも直接関連しています。新築住宅を計画する際は、これらを参考に、長く愛される家になればいいと思います。

新築住宅での湿度管理の重要性

新築住宅では、建材自体がまだ水分を含んでおり、この水分が徐々に室内に放出されるため、初期の湿度管理が特に重要です。

適切な湿度は、木材の収縮を防ぎ、内装のクラックや歪みを最小限に抑える効果も期待できます。

また、湿度が適切に管理された環境は、ダニやカビの発生を防ぎ、アレルギーなどの健康リスクを低減させます。

新築住宅の湿度管理におけるチャレンジと解決策

冬場の湿度管理は特に挑戦的ですが、次のような解決策を実行することで、効果的に対応することが可能です。

  1. 高性能換気システムの利用: 最新の換気システムは、室内の温度を保ちながら新鮮な空気を供給し、湿度を適切にコントロールすることができます。
  1. 断熱材の選定と配置: 高品質の断熱材を適切な場所に設置することで、冷気の侵入を防ぎつつ室内の湿度を保ちやすくします。
  1. 日々の生活習慣の見直し: 調理やお風呂の際に発生する蒸気は室内湿度に大きく影響します。これらの活動後は適切な換気を心がけましょう。

新築住宅で快適な冬を過ごすためには、湿度管理がキーとなります。

適切な設計、材料の選択、そして日々の習慣が、快適な室内環境を作り出すために重要です。

これらのポイントを生かし、冬でも温かく、健康的な家で暮らしましょう。

姫路の工務店に注文住宅を依頼するなら建築士事務所 Studio78へ!Studio78では性能を確保しながら、生活のしやすさ、収納、日当たり、風通し、などを考慮し、ご要望に合わせて皆様の家族生活に合った形でご提案させていただきます。

新築住宅の建築において、冬の湿度管理は見過ごせない重要な要素です。快適で健康的な生活空間を提供するために、Studio78は最新の技術と熟練の工夫を駆使し、お客様のニーズに応え続けます。

新築のご計画がある方は、是非私たちの経験と専門知識を活用して、理想の住まい作りを実現しましょう。お問い合わせをお待ちしております。

快適な住宅づくりに関するご相談や、お見積もりの依頼など、お気軽にお問い合わせください。私たちStudio78は、姫路を中心に、皆様に愛される家づくりを目指しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【姫路市を中心に、快適な注文住宅を手掛ける~Studio78~】“家族の笑顔と暮らしを大切にした家づくり”姫路市を中心に活動する~Studio78~は、お客様の希望を丁寧に汲み取り、家族全員が満足する住まいを実現します。

【対応可能エリア】

姫路市、加古川市、加西市、宍粟市、小野市、高砂市、相生市、赤穂市、明石市、たつの市、佐用郡佐用町、
加古郡播磨町、加古郡稲美町、神崎郡市川町、神崎郡福崎町、赤穂郡上郡町、神戸市

※上記のエリア以外で建築を検討されている場合につきましては、まずは一度お問い合わせくださいませ。

#姫路市 #工務店 #注文住宅 #Studio78

Copyright ©Studio78 Inc. ALL Right Reserved.